Powered By 画RSS
カスタム検索

動かないカウンター
相互リンク・相互RSS募集中!




プロフィール

くもせんおう

Author:くもせんおう
基本的にコメ返しはしないけど
コメントは大歓迎だよ
むしろ何か呟いてってね









ポケモンランキング

FC2 Blog Ranking


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグクラウドとサーチ


amazonタグクラウド

Amazon タグクラウド by ajaxblogparts requires Flash Player 9 or better.


タグ+カテゴリ クラウド


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
8441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
491位
アクセスランキングを見る>>

お知らせ
更新停止中。いつか再開すると思います

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

千秋「おい、朝だ起きろ」梓「えっ…」
[20100816]
こっちと同時に読むと面白いことになります。
唯「あ~ずにゃん!」ギュッ夏奈「うわっ!」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 19:24:16.41 ID:aSShFRds0
梓「・・・(朝起きると私は知らないトコにいた)」

千秋「どうしたバカ野郎」

梓「ばっ、バカ野郎とはなんですか!」

千秋「早く用意しろ遅刻するぞ」

梓「えっ!?」


俺にはここが限界



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 19:32:30.79 ID:K7RAiUEbO
>>9
おい続けて


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 19:37:28.89 ID:aSShFRds0
春香「夏奈~、早く用意しなさーい」

梓「あっ、分かりました…(夏奈って私の事かな…)」

千秋「どうした夏奈、いつもと様子が違うが…」

梓「き、気のせいです!(どうしたら…)」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 19:52:28.19 ID:aSShFRds0
~場所は変わって中学校~

ケイコ「おはよう、夏奈」

梓「あっ、おはようございます」(この人夏奈って人の友達かな)

ケイコ「かっ、夏奈が敬語!?」

藤岡「あ、南!おはよう」

梓「!?」(誰だろう…彼氏さんかな?…)

藤岡「?」

梓「おはよう!」ニコッ(ここは彼女らしくしよう!)

藤岡「え!?」(みっ、南が俺にスマイル!?)


やっぱり無理
すまんキモかったな


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 19:58:04.96 ID:K7RAiUEbO
>>24
いいから続けて


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 20:05:53.49 ID:VTKLlTvi0
夏奈「・・・Zzz・・」

夏奈「・・むにゃ・・ハッ・・(・・・授業中か・・居眠りしてたんだっけ・・・)」

夏奈「(・・・・・!?な、なんだこの教室!?い、いつもの教室じゃないぞ!??)」キョロキョロ

憂「(梓ちゃんが居眠りするなんて珍しいな。キョロキョロしてどうしたんだろう?)」


・・・・・


先生「じゃあ今日はここまでな。次回は小テストだからよく復習しておくように」

夏奈「(いったいどうなって・・・・ってか一体ここはどこだ・・・・・・・?)」


~昼休み~

純「よっ!憂、梓!お昼一緒に食べよっ!」

憂「うん!いいよ~」

夏奈「へ?あ、梓!?ってか、おっ、お前ら誰だッ!一体ここはどこだ!?」

憂純「えっ!?」



無理だった


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 21:02:12.52 ID:VTKLlTvi0
梓「?」(この反応…彼氏さんじゃなかったのかな…?)

藤岡「(今日の南はなんかいつもと雰囲気が違うな…でもこんな南もかわいいよ!)」

リコ「(藤岡君…またカナのほうをじっと見てる…)」


梓「あっ、そうだ…私の…私の席はどこですか…?」

ケイコ「えっ?ちょっとカナ、自分の席も忘れたの?カナの席はそこだけど…。大丈夫?何か悪いものでも食べたんじゃ…」

梓「い、いや、その、大丈夫です。ありがとうございます…(本当に困ったな…とりあえず学校が終わるまではなんとかやりすごそう…)」


~放課後~


梓「(やっと学校が終わった…これからどうしよう…)」

梓「(今頃唯先輩たちは部活をしているかな…)」

梓「(ここでこうしていても仕方ないし、取り合えずあのうちに戻ろうかな…)」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 21:19:09.49 ID:VTKLlTvi0
~帰宅途中~

梓「(学校でみんなにいろいろ聞いた話をまとめると、私はどうやら南夏奈ちゃんという人に間違われていて)」

梓「(…というか高校生が中学校に居たら普通気づくよね!?そりゃ、私は身長も無いし、胸も…はぁ…)」ペタペタ

梓「(ま、まぁそれよりも…。そして高校生の春香さんと小学生の千秋ちゃんの3人で暮らしている、と…。)」

梓「(春香さんっていうのはあの胸が大きくて、優しそうな人だよね。なんだかムギ先輩に雰囲気が似てるような…同じ高校生とは思えないです)」

梓「(千秋ちゃんは私を…いや夏奈ちゃんをバカ野郎呼ばわりしてきた子か…夏奈ちゃんとは仲が悪かったのかな…?)」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 21:39:24.93 ID:VTKLlTvi0
梓「(というか姉妹でも気づかないなんて、夏奈ちゃんと私はよほど似ているんでしょうか…。)」

梓「(とにかく、その夏奈ちゃんって子を見つけて、私も桜ケ丘に帰らないと…)」


~みなみけ!~


梓「あの~…お邪魔し…あっ…た、ただいまです…」

千秋「おーおかえりカナ…お前どうしたんだ?やっぱり朝からおかしいぞ?」

梓「そ、そうですk…そうかな…?私はいたって普通…」

千秋「バカがさらにバカになったというよりは、なんか賢くなったような…お前に限ってそんなわけないか」

梓「そっ、そうだよ!わ、私、手を洗ってきま…くるね!(夏奈ちゃんのキャラがよくわからないです…)」

千秋「…?」


誰か乗っ取って書いてくれよ…


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:01:00.31 ID:VTKLlTvi0

千秋「そうだ、春香姉さまは今日遅くなるって言ってたから」

梓「あっ、そうなんだ…」

千秋「だから、私たちで夕飯を作らなければいけない」

梓「はぁ」

千秋「しかし!前のようにお前に得体のしれないモノを作られても困るんだ」

梓「?…はぁ」

千秋「だからお前は余計なことをしないで私の言うとおりにするだけでいい。」

千秋「工夫なんて素人がするもんじゃないんだよ。私たちは素人らしく、素人っぽいカレーを作ろうじゃないか。にんじんは入れないで。」

梓「わかりました。お手伝いしますよ(にんじん?)」

千秋「(本当にどうしたんだ…今日のカナは素直すぎる…)」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:15:06.29 ID:VTKLlTvi0
千秋「お前はじゃがいもの皮むいてくれ。私は肉と玉ねぎを切るから」

梓「わかりました。…包丁はここかな…っと」

千秋「!お前は包丁なんか使わなくていいんだ。そこにピーラーがあるからそれを使え。バカに刃物を持たすとロクなことにならないから」

梓「…はい」


・・・・・


千秋「皮むき終わったか?」

梓「はい」

千秋「じゃあ鍋を用意して、そこに油をひいといてくれ。まだ火はつけなくていいからな!」

梓「はい…あ、あの…」

千秋「なんだ?」

梓「そこのにんじんの皮はむかなくてもいいのかな…?」

千秋「…いい」

梓「…?でもカレーならにんじんを入れるんじゃ…」

千秋「お前は私の言うとおりにすればいいと言っただろう?」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:26:49.76 ID:VTKLlTvi0
梓「…もしかして、にんじん嫌い?」

千秋「…さて、材料もそろったし、火をつけて炒めよう。」

梓「(なんか生意気っぽいこと言ってるけど、にんじんが嫌いだなんてかわいいところもあるんだな)」

梓「…だめだよ!ちゃんとにんじんも食べないと。大きくなれないよ?」

千秋「う、うるさいよ!にんじんなんて…!!」

梓「お姉ちゃんの言うことは聞くものだよ?きっと春香さんも千秋ちゃんがにんじんを食べてくれると喜ぶと思うなぁ」

千秋「…うう…わかったよ…」

梓「ふふ…えらいえらい」ナデナデ

千秋「(今日のカナには何故か逆らえない…)」

梓「(お姉ちゃんっていいかも…)」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:39:49.01 ID:VTKLlTvi0
梓「じゃがいももにんじんも切り終わったから、炒めようか」

千秋「…うん」

梓「私が炒めようか?」

千秋「…大丈夫か?」

梓「大丈夫だよ炒めるくらい。唯先輩じゃあるまいし…」

千秋「?そうか…」


ジュー


梓「千秋ちゃん、お水をカップで計って鍋に入れてくれる?」

千秋「あ、ああ、わかった…」

千秋「入れるよ」

梓「うん。ありがとう」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:43:12.30 ID:Knk5cVPoO
「入れるよ」
「うん」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:48:17.59 ID:VTKLlTvi0
・・・・・


千秋「(結局途中から完全にカナのペースで進んだけど…)」

梓「そろそろいいかな?市販のルーだけど一応味見ておこうか」

梓「…うん、こんなもんかな。普通のカレーだね。どう?千秋ちゃん」

千秋「いいと思う…(カナが普通の食べ物を作った…だと…)」

梓「じゃあそろそろお腹もすいてきたし、食べようか?」

千秋「うん…あっ、そうだ、サラダも作れって春香姉さまが言ってたっけ…レタスとトマトで」

梓「そうなんだ。じゃあさっと作って、食べよう」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:58:43.62 ID:VTKLlTvi0
・・・・・

梓「これで全部そろったね。じゃあいただきま…」


ピンポーン


千秋「あ、誰かきた」

梓「私が出るね。」


内田&吉野&マコちゃん「こんばんはー!!」


梓「!?こんばんは?」

千秋「なんだ、内田と吉野、それにマコちゃんか。」

吉野「マコちゃんとはそこでばったり会ってね」

千秋「今ちょうど夕飯を食べようとしていたところなんだ。狙ってきたのか?ん?カレーを食いに来たのか内田」

内田「い、いやそういうわけじゃ…」

梓「(みんな千秋ちゃんのお友達かな…?)」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 23:12:23.29 ID:4eEHPzPy0
吉野「いい子いい子」

梓「ほわわ~ん」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 23:23:54.40 ID:VTKLlTvi0
・・・・・


梓「じゃあみんなも夕飯食べていくといいよ。いっぱい作ったし」

吉野「ありがとうーカナちゃん!今日のカナちゃんはなんだかいつもと違うね!」

梓「ゆ、唯先輩!?」

吉野「えっ?」

梓「あっ…すみま・・ごめんね。…さ、座って座って!(唯先輩の声に似てる…唯先輩…)」

内田「カナちゃんどうしたんだろう?」

マコちゃん「変なものでも食べたんじゃない?カナのことだし」

千秋「今日の朝からこうなんだよ…なんか変なんだ」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 23:44:52.13 ID:VTKLlTvi0
・・・・・・


「「いただきまーす!」」

梓「どうぞ召し上がれ。普通のカレーとサラダだけどね。」

千秋「いや…市販のルーとは言えお前が途中からほとんど1人でやったのに食べられるものになるとは思わなかったよ…」

梓「あはは…(夏奈ちゃんて一体どんな料理作ったんだろ…)」

内田「うん!おいしいよカナちゃん!」

吉野「カナちゃんって料理できたんだね~。だいすき!コトコト煮込んだカレー!」

梓「(スパイスふたさじ経験しちゃえ?)千秋ちゃんが手伝ってくれたおかげだよ」

マコちゃん「春香さんのには全然敵わないけどな!」

千秋「それは当たり前だ」

梓「むむむ…言ったねー?」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 23:57:33.28 ID:K7RAiUEbO
まさか俺の立てた両スレがこんなに伸びるとは
↑>>1


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 00:06:49.73 ID:Gvzkaj5P0
>>80
俺も少しだけ頑張ったぞ!


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 00:10:50.48 ID:yuAqgc5z0
吉野「カナちゃん」

梓「な、なに?(声に体が反応してしまう…)」

吉野「さっきはどうしたの?…なんとか先輩って…」

梓「あっ、あれ?あ、あれは、その、あの、な、なんでもないですよ!!」

梓「たまたま、そう、たまたま叫びたくなっただけですから…!」

吉野「ふーん?今どうして敬語になったの?」

梓「えっ、いやっ、その、声に反応…じゃなくて、わ、私がとるにたらない人間だから!です…」

吉野「どうしてカナちゃんは汗かいてるの?」

梓「そ、それは夏の太陽が私をせ、攻めたてるから!です…」

吉野「もう夜だよ?」

梓「そ、そうだっ、カレー!カレーです!ちょっと辛かったね!女の子は甘いのが好きですよね…!」

吉野「うふふ。なんだかマコちゃんと同じこと言ってるね、今日のカナちゃん。似たものどうし?」

マコちゃん「ゴホッゲホ」

梓「あ、あはは…(ど、どういうことだろう…というかこの子…なんか黒い…黒い唯先輩…?)」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 00:43:47.09 ID:yuAqgc5z0
・・・・・


「「ごちそうさまでした~!」」

梓「お粗末さまでした。よかったらお風呂も入って行ってね。その間に私はお皿を洗っているから」

千秋「お前…」

梓「あー…ほら、普段やってないからね、春香さんも居ないし、たまには、ね。千秋ちゃんはみんなとお風呂に入ってきなよ。」

千秋「お皿、割らないように気をつけろよ…」

梓「はーい(きっとこの家のことはほとんど春香さんがやってるんだろうな。憂のように…)」


~お風呂~

千秋「夕飯を作るだけじゃなくて、皿洗いまでやるなんて…」

千秋「どうちゃったんだよカナ…」

内田「普段のカナちゃんはやらなそうだよね~。でも、悪いことじゃないんだし、いいんじゃない?」

千秋「そうなんだけど…張り合いが無いって言うか…私らのことも春香さんとか千秋ちゃんなんて呼ぶし…」

吉野「まるで 別 人 だよね~」ニコッ


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 01:03:29.49 ID:yuAqgc5z0
千秋「ああ…」

内田「でも、ああいうお姉ちゃんも良くない?ハルカちゃんとはまた違ってさ!」

内田「もちろん今までの面白いカナちゃんも好きだけどね!チアキが羨ましいな~」

千秋「そう…かな…」

吉野「心配しなくても大丈夫だよ~チアキ。だってカナちゃんはカナちゃんだから」

千秋「…」

内田「そういえばマコちゃんは一緒に入らないのかな?」

吉野「誘ったんだけど後でいいって。恥ずかしいのかな?さっき凄くあわててたよ。女 同 士 なのにね~」ニコッ



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 01:13:04.62 ID:Gvzkaj5P0
あれ?内田ってマコちゃんの正体知ってるよな?


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 01:18:37.31 ID:yuAqgc5z0
>>97
忘れてた…すまん。修正


千秋「ああ…」

内田「でも、ああいうお姉ちゃんも良くない?ハルカちゃんとはまた違ってさ!」

内田「もちろん今までの面白いカナちゃんも好きだけどね!チアキが羨ましいな~」

千秋「そう…かな…」

吉野「心配しなくても大丈夫だよ~チアキ。だってカナちゃんはカナちゃんだから」

千秋「…」


千秋「…そういえばマコちゃんは一緒に入らないのかな」

内田「!」

吉野「誘ったんだけど後でいいって。恥ずかしいのかな?さっき凄くあわててたよ。女 同 士 なのにね~」ニコッ

内田「そっ、そうだよね~…!」

千秋「ふ~ん…」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 01:15:43.49 ID:yuAqgc5z0
~リビング~

梓「ふう…お皿洗いも終わったし、あとはお風呂に入って春香さんを待つだけだね。」

梓「(あれ?…えっと…マコちゃんだっけ…千秋ちゃんたちと一緒にお風呂入らなかったのかな?)」

梓「あの…マコちゃん?千秋ちゃんたちとお風呂入らないの?」

マコちゃん「はぁ?何言ってんだよカナ!」

梓「えっ?ああ、そっか、4人じゃさすがにせまいもんね。じゃあ後で私と入る?」

マコちゃん「!?」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 01:40:17.67 ID:yuAqgc5z0
マコちゃん「ちょ、ちょっと待てよ!カナは知ってるだろ!?俺はおt」

梓「?」


ガラッ


吉野「ふぁ~いいお湯だったね~」

内田「うん!気持ちよかった~久しぶりにみんなで入って楽しかったし!」

千秋「マコちゃんも一緒に入ればよかったのにな」

吉野「そうだよ~」

内田「…」

梓「あ、マコちゃんは私と入るよ。4人じゃせまいと思って遠慮してくれたみたい」

内田「ええっ!??」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 01:49:04.29 ID:yuAqgc5z0
マコちゃん「…」

吉野「どうしたの内田、そんなに驚いて?」

内田「い、いや!なんでもないよ!うん」

内田「マコトくん!これはどういうこと!?」ヒソヒソ

マコちゃん「俺にもわからないよ!なんかカナが突然言い出したんだ…」ヒソヒソ

千秋「?ていうか少しくらいせまくても気にしなかったのに」

梓「まぁ、じゃあ次は私たちが入ってくるね。さ、行こう?マコちゃん。背中流してあげる」

マコちゃん「い、いや、だから!いいって!いいって!うちに帰ってから入るから!(内田助けて!)」

梓「遠慮しなくてもいいんだよ?」

内田「…カナちゃんどうしたの?本当にマコトくんと入るの?」ヒソヒソ

梓「えっ?マコ…ちゃん?と入るよ?」

内田「…」ガーン


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 02:10:36.52 ID:yuAqgc5z0
梓「さ、行こう」ズルズル

マコちゃん「あ゛~!カーナー…!!」ズルズル

吉野「もしかして胸が無いのを気にしてるとか~?」

内田「…」

千秋「お困りか?胸のことでお困りか?牛乳あるぞー」

吉野「いただくね」

内田「…」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 02:20:05.90 ID:yuAqgc5z0
~脱衣所~


マコちゃん「ちょ、何脱いでんだよ!うわッ…オ、オレの初めては春香さんと決めて…」

梓「え?脱がないと入れないよ…。ほらマコちゃんも脱がないと」ヌギヌギ

マコちゃん「カ、カナ!オレをからかうのもいい加減にしてくれよ!!」

梓「?からかってなんかいないよ。じゃあ私先に入ってるからね」ガラガラ

マコちゃん「あぁっ!!…ごめん!オレが悪かった!!許して!許してよカナ!!」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 02:47:50.50 ID:yuAqgc5z0
梓「どうしたの、早くおいでよ?」

マコちゃん「…」

マコちゃん「…オレのこの隠しきれない大和撫…いや大和魂…!そして据え膳食わぬは男の恥…!」

マコちゃん「相手がハルカさんだったら迷わず飛び込んでいくのに…」

マコちゃん「…カナは一体何を考えているんだ…」

マコちゃん「もうどうにでもなれ…」ガラガラ

梓「あ、きたきた。」


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:33:26.28 ID:yuAqgc5z0
マコちゃん「(もうすでに体の一部は大変なことになってるけど…)」

マコちゃん「(コレを見られたらいくら今日のカナでも怒るにきまってるよ…体は正直だな…)」

マコちゃん「(なんとか隠して…っと…)」

・・・・・・

梓「じゃあ背中流してあげる」

マコちゃん「よろしくお願いします…。」

梓「かゆいところはない?」ゴシゴシ

マコちゃん「うん…なあカナ…今日は一体どうしたんだ?いつもなら絶対こんなことしないだろ?」

梓「えっ!?(夏奈ちゃんはこんなことしない子なのか…)いや…たまには、いいかなって…」

マコちゃん「…恥ずかしくないの?」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:36:05.07 ID:yuAqgc5z0
梓「全くと言えばウソになるけどそれほど…だって女同士だし…」

マコちゃん「いや、だから、ここでもまだその設定なの!?」

梓「え?あ、流すよ。」ザァー



マコちゃん「あっ、前は自分でやるから!さすがに!」

梓「そう、じゃあ後は髪を洗ってあげるね。」

マコちゃん「あ、ああ…」

・・・・・・

梓「じゃあ次は私が洗うからマコちゃんは湯船にでも浸かっててね」

梓「…」ゴシゴシ

マコちゃん「…カナ、背中流してやろうか」

梓「えっ、いいの?」

マコちゃん「さっきのおかえしだよ。」

梓「ありがとう」


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:37:51.09 ID:Gvzkaj5P0
マコちゃんダメー!!!


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:41:00.96 ID:wB8P/OJ70
マコェ…


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:47:53.26 ID:yuAqgc5z0
・・・・・・

マコちゃん「(…カナの肌きれいだな…女の子はみんなこうなのかな…ハルカさんも…)」ゴシゴシ

マコちゃん「(さっきから見ちゃいけないとは思いつつも見えちゃうけど、カナの胸はやっぱりハルカさんよりはかなり小さいよな…)」

梓「んっ…もう…マコちゃんったら、どこ触ってるの」

マコちゃん「ハッ!?ご、ごめん!ごめんなさい!(無意識のうちに触ってしまっていた…!)」

梓「べ、別にそんなに謝らなくてもいいけど…」

マコちゃん「(怒らない!?カナ…)」

マコちゃん「(…でもこの大きさは、これはこれでイイというか…ってなに考えてんだ俺…)」

マコちゃん「…流すね」

梓「うん」


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:51:34.88 ID:yuAqgc5z0
・・・・・・

マコちゃん「…髪さらさらだね。」

梓「そう?ありがとう。でもこれだけ長いと手入れも大変なんだよね」

マコちゃん「(やっぱり…今日のカナ…いつもはうるさいだけなのに…ちょっとかわいい…)」

・・・・・・

梓「なんでそんな浴槽のスミで縮こまってるの…もっとこっちにおいでよ」

マコちゃん「いや別に…」

梓「そういえば、さっきからちょっと思ってたんだけど、マコちゃんって、男の子みたいなかっこいい体してるよね。何かスポーツやってるの?」

マコちゃん「いやサッカーだけど…というか男だし俺」

梓「そっか~サッカーやってるんだ。珍しいね女の子なのに。」



梓「え?」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:51:57.79 ID:9VAXYGvc0
クソワロタ


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:29:00.05 ID:Gvzkaj5P0
梓「あはは…冗談きついよマコちゃん」

マコちゃん「いい加減にしろ!夏奈!俺をおちょくってんのか!?」

梓「マコちゃん…?」

マコちゃん「俺が男だからって反応を楽しんでるんだろ!?俺だって健康な男子だ!女の裸みたら興奮するだろ!」

梓「マコちゃん…本当なの?」

マコちゃん「うっ…」(やばい勃ってきた!)ハラリ

梓「・・・え?」


後は任せた


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:38:20.25 ID:TJEfrEl7P
梓「え?」

マコちゃん「え?」

梓「またまたぁ。いくら胸が小さいからって、自分を男だなんて卑下するもんじゃないよ?」

マコちゃん「……えっ?」

梓「確かに…マコちゃんの胸ってちょっと筋肉質だよね。うん、でもカッコいいとおもうよ?」サワサワ

マコちゃん「ちょっ、か、カナ!?」///

梓「うん、私も胸は大きく無いけど…マコちゃんみたいな胸ならまだ良かったのに…ハァ」ペタペタ

マコちゃん「そそそそそんな事は無いんじゃないかな!カナの胸は十分いいとおもうぞ!」

梓「えー。そうかなー?だってほら、ちょっと手かして?」ギュッ

マコちゃん「えっ?」



167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:39:10.30 ID:TJEfrEl7P
梓「ほら、手ですっぽり。…というかむしろ手が余る……」プニュ

マコちゃん「~~~~~っ!!?」///

マコちゃん(何だ何だ何だ何が起きてるんだいや待て落ち着け俺は今日ハルカさんに会えないかなーあわよくば一緒にご飯食べられないかなーと淡い期待をして南家に来た事は認めよう
だがそれがどうした事だどこで何を間違えた何故俺はカナと一緒に風呂に入っているというか何故俺の手がカナの胸を包み込んでいる落ち着けまだ慌てるような時間じゃ無い!)

マコちゃん「むむむむむむむ」

梓「ま、マコちゃん?何かリアクションしてくれないとさすがに私もショックというか何というか…」ションボリ

マコちゃん「えっ?あ、いや!カナの胸柔らかくって可愛くってすごい気持ちいいよ!ずっと触ってたいくらい!」

梓「ま、マコちゃん……」///



だめだ頑張った結果がこれだよ
おやすみ



239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 20:26:41.47 ID:QFio4Bba0
梓「そういえば、さっきからちょっと思ってたんだけど、マコちゃんって、男の子みたいなかっこいい体してるよね。何かスポーツやってるの?」

マコちゃん「いやべつに…というか男だしオレ…」

梓「そっかぁ」





梓「え?」

梓「い、いまな、なんて…」

マコちゃん「だから、オレが男なのはカナも知ってるだろ…?」

マコちゃん「というかカナが女装させたんじゃないか!」



梓「…」

梓「…」カァァ

梓「あ、あの、わわわタシ、サ、サキニ、アg、アガリマスネ」ザバァ

マコちゃん「…?あ、ああ…」

梓「…」フラフラ


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 20:36:43.48 ID:QFio4Bba0
梓「(な、何動揺してるんだろう私…相手は私よりずっと年下じゃない…)」フラ

梓「(で、でもさっきまでずっと女の子だと思ってたのに…びっくりです…一体なぜ…)」フラフラ

梓「…っ!」ツルッ


ステーン! ゴッ!


梓「あっ…いったぁ…ぃ…」

マコちゃん「おい!カナ大丈夫か!?今すごい音したぞ…!」

梓「!イエ、ア、アノ、大丈夫デスカラ…」ズキズキ

マコちゃん「ほら、オレの手につかまれよ」

梓「ア……スミマセ…」ニギッ

マコちゃん「ぉぅぁ!!!???や!や!!!カナさん!そこは大変まずいです!!そこは手じゃないです!!」


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 20:39:13.52 ID:YVHptp0j0
手と間違えるくらいの巨根か…ゴクリ…


248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 20:40:49.73 ID:xxVaTr+N0
いや小指と間違えたんだろう


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 20:52:37.48 ID:QFio4Bba0
梓「…?……!!!!!!????あっ…!!」パッ

マコちゃん「はぁ…はぁ…」

梓「ゴッ、ゴメンナサィ!!」ムクリ ダッ ガラガラ

マコちゃん「……」

マコちゃん「(今日のカナ…やっぱり変だ…)」



梓「(さわってしまった…お、男の子の…い、いや、その、に、にぎってしまった…ですね…)」


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 21:40:48.42 ID:QFio4Bba0
・・・・・・

リビング


内田「か、カナちゃん!大丈夫!?顔が真っ赤だけど…」

梓「わ、私、もう、お嫁に行けないかもです…」ボソッ

マコちゃん「…」

吉野「どうしたの?」

千秋「…!やっとバカ野郎らしくバカなこと言い始めたか?」

内田「…あっ!…マコt…マコちゃんが何かしたの!?」

マコちゃん「バッ…バカ言うな!な、何もなかったよ!!」

梓「あ、あのっ、み、みんな知ってたの!?そ、その…マコちゃんがおとk・・」

マコちゃん「へ…!?」

内田「あーあーあー!!」

千秋「なんだ、うるさいよ内田!」


262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 22:47:26.81 ID:pgpmLwQtO
マコトには一生のオナ…思い出になるだろう


266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 23:52:15.07 ID:08xAsldaO
夏奈スレ書き終わってやる気があったら書くけどそれまでに誰かに書いて欲しい


279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 01:09:09.10 ID:TJMZR7gH0
梓「…?あ、あの…」

内田「あ、あ、もうこんな時間だよみんな!帰らないと!お母さんたち心配しちゃうし!!」

内田「(いまここでバレるのはよくない気がする!なんとなく!今日はカナちゃん変だし!)」

梓「…」

吉野「あ、もうこんな時間なんだね」

内田「うん!うん!ほらマコちゃんも帰るよ!!」

マコちゃん「あ、ああ!ちょっと…!引っ張んなよ!!」

千秋「ちょっとお前落ちつけよ…」


>>266が書いて終わり方を合わせれば面白いと思うんだ


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 01:58:06.27 ID:TJMZR7gH0
玄関


内田「お、おじゃましましたー!!!!」

千秋「おー気をつけろよ」

マコちゃん「おっじゃまし…おっ、おい!だから引っ張るなって…!」ズルズル

吉野「ごちそうさまでした~カレーおいしかったよ、ふふ。あ、そうだ、あず」

梓「!?」

吉野「あずきバーもおいしかったよ♪」ニコッ

千秋「ああ、お風呂の後にみんなで食べたんだよ。」

梓「…」

吉野「じゃあねカナちゃん、チアキ、また今度ね」

梓「…き、気をつけてね」

千秋「またこいよー」

梓「…」

千秋「あ、マコちゃんにあずきバー渡すの忘れてた」

梓「…」


287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 02:00:01.86 ID:TJMZR7gH0
俺の中ではキリがいいのでこのへんで保守に回ります
あとはID:w27o+2TEO氏に期待
今まで駄文に付き合っていただきありがとうございました






つづく




コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://shellspider2.blog104.fc2.com/tb.php/30-866b5c3f

HOME

copyright © 2005 くもせんおう all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
相互リンク

このブログをリンクに追加する
アンテナ

お気に入り

ツイッター

ジャンプ小ネタ
【ジャンプ小ネタ】
ブリーチ
ナルト
トリコ
リボーン
ぬらり
バクマン
銀魂
スケット
右翼
エニグマ
黒子
べるぜ
保険
動物
いぬまる
めだか
こちかめ
サイレン
SWOT

検索フォーム

オススメ商品
【送料無料】人格障害のカルテ(理論編)

【送料無料】人格障害のカルテ(理論編)
価格:2,100円(税込、送料別)

【送料無料】ヤバい中国人

【送料無料】ヤバい中国人
価格:550円(税込、送料別)

【送料無料】2ちゃんねるAA大辞典

【送料無料】2ちゃんねるAA大辞典
価格:1,260円(税込、送料別)

















RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。